デザインについて

Sandvoxには標準でテンプレートが添付されていますが、添付されているテンプレートがSandvoxのバージョン1.0からの物もあり、現在主流となりつつある、ワイド画面対応やレスポンシブデザインのテンプレートはありません。


二昔前のデザインテンプレートなので、サードパーティーなどから販売されているテンプレートの購入も検討する価値はあります。

アップルストアでもSandvoxのテンプレートは販売されていますのでそれを購入する手もあります。


レスポンシブデザインでしたら下記のサードパーティーから販売されています。

BlueBallDesighn

https://sandvoxdesigns.blueballdesign.com/index.html

手順1

好きなデザインを選びます。

デザインは後でも自由に変更できるので、試しにシンプルなデザインを選んで慣れるという手もあります。

ここでは画面デザインの寸法などがわかりやすい

スクリーンショット 2017-06-06 13.34.32

Blueprintというテンプレートを使用します。ブルーのバックと薄ブルーの2つのバリエーションがありますが、今回はバリエーションの2の薄いブルーのバックカラータイプを使用します。





OHPADOは株式会社データ・プラクトが所有している登録商標です。
会社概要 特定商取引 個人情報の収集 ショップ御利用案内
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.