はじめに


みなさんは、自分の頭の中で描いてるデザインを簡単にホームページとして表現できないか考えたことはありませんか。

7年前、私はHP作りはとても大変な作業と感じていました。

もちろん、HTMLやCSSの知識が十分持ち合わせてあればできるのですが、当時はまだHTMLのベタ書きが主流でした。

HTMLやCSSを勉強しながら作ろうと挑戦をしましたが

用語や決まり事を覚えることが非常に面倒に感じていました。

例えば、下記の様な簡単なデザインを頭に浮かべたとき、実際にホームページを作る事を考えてみましょう。

たったこれだけの画面を作るために、HTMLなどのWeb言語を一生懸命勉強しなくてはなりませんでした。

本を購入して一生懸命勉強しようと思いましたが…...挫折しました。

自分のイメージを、もっと簡単に表現できるツールはないのか。

いろいろ調べました。

Macを使用していたので

iWebというソフトがMacのiLifeというソフトウエアパッケージに含まれていることを知り、早速入手しました。

簡単に自分のイメージのHPが作成できました。

しかし…

そのとき既にアップルはiWebの開発をすでに終了していました。

OSのアップグレードと共に、使えなくなることは明白でした。

そこでいろいろと調べていたら、

SandvoxというWebページ作成ソフトがアップルストアで販売されていることがわかり、デモンストレーション版をダウンロードして使用しました。

Sandvoxのメニューなどは日本語化されていたので、使い勝手に関しては全く問題がありませんでしたが、どうも日本人の考え方では理解できない部分が使ってゆくうちに分かり始めたのです。

やろうとすることが、思い道理できない。

インターネットでSandvoxを検索しても日本語で書かれた記事では内容が希薄で、私がやりたいことが全然書かれていませんでした。

仕方がないので英文サイトをいろいろ調べていたところ

拡張性や使いやすさの評価が高く「へ〜そうなんだ」と感心できる内容がいろいろと掲載されていました。

自分で試行錯誤を繰り返しながら使ってゆくうちに

今ではSandvoxは私にとって、ホームページサイトの作成には必要不可欠のツールとなりました。

・Paipalの電子決済システムも簡単に組み込むこともできます。

・レンタルの電子カートを搭載する際も簡単です。

Mac専用のWebエディター、Codaを使えば、アドビのDreamWeberと同じようにエディターしながら画面の修正を確認できます。

Codaで必要なプログラムパーツを作成すれば、コピペだけで完成です。

とても効率的で効果的です。

複雑なサイトでなければ簡単迅速に作成できるツールとしてコストパフォーマンスが非常に優れています。

日本人には理解しにくいポイントもありますが、

拡張性や使い勝手が理解できると非常に有効なHP作成ツールではないでしょうか。

なるべく、初心者に向けてわかりやすく説明しますのでよろしかったらおつきあいください。



OHPADOは株式会社データ・プラクトが所有している登録商標です。
会社概要 特定商取引 個人情報の収集 ショップ御利用案内
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.